医療保険の終身型とは

終身医療保険で安心

終身保険の利点と欠点

医療保険を選ぶうえで最初に決定することが、終身型にするか定期型にするかということだと思います。終身型にすると、何より生涯のあいだ保障が続くという安心感があります。高齢になっても掛金が上がらないことも利点となります。そのぶん若いうちの負担は重くなることは欠点といえます。また、保障期間が長いために、医療制度の変更やインフレといった変化に対応できないかもしれない、ということも考えられます。解約しないことが前提ですが、あらかじめ保険料のやすい商品に加入しておくという方法も財産を守るためには妥当な方法です。

支払方法と解約返戻金

終身医療保険の掛金を支払う方法は、一括で払うか終身で払い続けるか、期間を決めてその間に払うかの3つがあります。払う期間が短いほど、月々の負担は重くなることになります。解約返戻金があるかどうかは重要な違いです。最近は掛け捨てタイプが主流となっていますが、何も残らないのは嫌という方は返戻金のついたタイプを選ぶのもいいと思います。ただし、もちろん積み立てる金額は増えます。返戻率は最大でも60%~70%なので、医療保険はあくまで医療保障のみとして、貯蓄については他の金融商品を使うのがいいかもしれません。

新着情報

2013-02-04 医療保険のいろいろが追加されました。
2013-02-04 家族型保険の特徴が追加されました。
2013-02-04 対象が広い医療保険が追加されました。
2013-02-04 トップページが追加されました。

医療保険の種類情報